2018/11/18
誰のためのコンテンツ? どこのマーケットを狙う? やってみないとわからないので、 コンテンツに水をやる。 芽が出て肥料を与えて花にする。 自然の摂理と一緒ですね。 コンクリートから芽を出す雑草のように 強い気持ちで着実に芽を出すまで頑張る。 何事も根気とすこしの勇気ですね。
2018/11/14
おはようございます。 兢うという言葉。業界でトップに君臨する会社や個人がおります。その人達に勝つために頑張る。 これも大切です。 今日は、協業という関わり方。カタカナ英会話を例に取ると、面白いです。
2018/11/10
独自コンテンツを持っている方へ。 恐らくこのブログを読んでいる方は、 ピンと来ていると思う。
2018/11/09
展示会が続きます。 11/7 メッセナゴヤ 11/8 大阪教育expo 11/9 メッセナゴヤ 今日は、朝始発で名古屋→大阪にきております。展示会では、教育を左右する2020年問題が焦点と見る方が多い中、もっと長い目で教育を俯瞰してサービスを提供している会社を見ようと思いました。
2018/11/08
実は、大学時代に卒業が決まってもいないのに、ヨーロッパ周遊の1か月のバックパッカーに卒業旅行でいっていた。留年旅行になったかもしれないのに。 また来週の話だが、お客様にご提案する内容がまだ煮詰まっていないのに、アポイントメントを先にとってしまう。ご提案できなかったらすべてポシャってしまうのに。...
2018/11/07
日本も進んできたインバウンドの波。 JNTOの発表でも2020年までの未来は、明るい。 多言語が必要な時代に、どう生きるか。 世の中、人種が増えればその分、文化が増える。 単純に翻訳すれば、『伝わるわけではないのが翻訳』なのである。...
2018/11/07
メッセナゴヤ2018が始まった。 いろんな企業がいろんなブースを構える。 試行錯誤された模様もわかるが、 既存技術を応用したブースが多かった。 中には、前年度と同じ事を繰り返すブースもあった。 今年のトレンドは、間違いなくAI(人工知能)を活用したものや、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を使った技術を製品化できている企業である。...
2018/10/14
カタカナ英会話ジェッタ文庫より 電子書籍の出版のご案内となります 。 7月31日に紙書籍として出版された カタカナ英会話空港編 。こちらの電子書籍の出版が確定しました 。 同じ内容で いつでもどこでも手軽に スマホやタブレットで 本を読むことができます 。 実際の使い方としては 旅行に行く前に トレーニングして 現地に向かったり、実際に現地に持って行って...
2018/10/11
和製英語、カタカナ英語の完全網羅版 和製英語、カタカナ英語を網羅して1ページで一覧にしているページが見当たらなかったので、作りました。 【目次】 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 スポンサーリンク ア行 アウトコース(野球の) → outside アイス → ice cream(iceは氷) アイスキャンディー → Popsicle(商品名だが一般的)、ice lolly, ice...
2018/10/10
おはようございます。 WOHの長谷川雄一朗です。 書籍出版は、今後も続けていきますが、 いまのところ8冊が出版中です。 Amazon電子書籍で発売中です。 さて、今後の出版計画をご連絡させて頂きます。 来春までに、紙媒体での本を出版したいです。 がんばっていきます。 カタカナ英会話の件、 大阪や岡山の方では、インバウンド向けの 書籍が必要になりそうです。...

さらに表示する