WOH特選!外国人労働者について考察

外国人労働者の働き方を見つめる

 

本日のテーマは、外国人労働者の働き方を見つめるとなります。

 

日本に夢を持ってやってきても失踪したり犯罪に手を染めたりと、ジャパニーズドリームがそんなに簡単に叶わない状況にきているのではと思います。しかし、どうすればそれが叶うか、そして叶えられる社会を築けるか。それを今回記載したいと思います。

 

インバウンドで外国人も増えて日本に住む外国人労働者も増えていく中で、地域社会に与える外国人の存在は大きいですね。共生していく意味では日本人もマインドをチェンジしないと行けませんね。

 

JETTA Japanese Classeseでは、外国人に日本語を教えるサービスを展開しております。外国人に日本語で日本語を学ばせたい方や英語で日本語を学ばせたい方、両方歓迎です。

学ぶ上で大きな問題点が、理解に至るツボやオシエカタのコツというものがございます。

それは、日本人でないとわからないポイントも含まれますが、外国に精通した人材である長谷川自身が講師となり、日本語を教えることで、日本企業で働く上で欠かせないN2レベルの対策が可能です。もちろん日本語のコミュニケーションもとれるようになりますので、ご興味があればご用命下さいませ。

 

日本に来る外国人には日本語だけを教えていけない。日本の精神を教えるのがJETTA Japanese Classesです。ドアの開け方から、コートの掛け方やノックの仕方の作法までも身に付きます。会社に出向いての研修も行いますので、ご用命下さい。

 

 

近い将来、言語を超えて共生ができる社会を目指してWorld Office Hasegawaは進んでいきたいと思います。