観光とインバウンドとカタカナ英会話ジェッタの”コミュセル”

訪日外国人観光の増加に伴って、各自治体や企業ではインバウンド事業が盛んになっておます。    SNSYoutube等の媒体により地方の情報を発信することは容易になり、世界を身近に感じるようになりました。しかし、外国人観光客を受け入れる体制の整備はなかなか進んでいないのが現状です。外国人観光客に日本滞在をより満足してもらい、受入側の日本人も楽しく自信をもってコミュニケーションがとれることを目指していきましょう。

 

ここ数年の間に都道府県を中心に行われてきたインバウンドへの取り組みが市町村レベルにまで広がってきた。この中には外国人観光客に関する統計をとったこともない自治体も多く含まれている。それらの地域を訪れた際よく聞くのが「ここには何もないのに、どうやって外国人を呼ぶんだ?」という質問。「なぜそう思うんですか」と聞き返す私に対して「ここには包丁と刀しかない」という。しかし、愛知県大須地区の株式会社ミクスミ(三浦刃物店)では、その包丁と刀をワークショップという形で編集、商品化を行い、「包丁ワークショップ」と名付けられたそのツアーはインターネットの口コミサイトを欧米人の間で大人気となった。編集力によって一見何もないと思われた商品から、世界を魅了する商品が生まれたのである。

 

外国人観光客に地域の魅力を発信する際、大きく①商品の造成・磨き上げ、②プロモーション、③受入体制の整備の3段階に分かれるが、これを私はわかりやすく「使って・売って・受け入れる」と表現している。この中から今回は、受入体制整備のひとつであるカタカナ英会話ジェッタのジェッタ式カタカナ接客英語について詳しくお話する。

 

JNTO(日本政府観光局)の調査によると外国人が日本を訪れる目的の第1位は「日本食を食べること」となっているが、外国人が日本国内で自由に食事を楽しむにはまだまだハードルが高い。

 

例えば、クレジットカードが使えないお店が多い、メニューが多言語化されていない、店員のコミュニケーションが上手にとれないなど。これは前述のJNTOの調査にも表れており、来日時に不満に思ったことの2位にコミュニケーションがあげられている。そこには日本人の言語アレルギーが潜んでいる。外国人が日本にきてショックを受けることのひとつに「道を聞こうとしたら逃げられた」というものがある。日本人としてみたら「英語を話せる他の人に聞いて下さい」と思っていて、外国人からすると「無視された」「この地域では私達は歓迎されていない」と感じてしまう。

 

日本人は真面目なせいか、文法的にできるだけ正確な英語を喋りたい方が多いようだ。しかし訪日客の8割以上がアジア諸国から来ており、その多くが英語を母国語としない中、文法的に正しい英語は全く必要ない。要は意思が伝われば良いのだ。文法の正確さよりも、会話の際の表情あるとか、ジェスチャーの方が何倍の重要だ。現に浅草や大阪などではそのコミュニケーションをとり、ビジネス的にも成功している。ジェッタで英語研修を行ったマチダデンキさんもその一つである。そもそも英語を母国語としない日本人に流暢な英語は期待してないし、言語が通じず、ジェスチャーで状況をなんとか打開するのも旅行の醍醐味のひとつだ。

 

この「日本人に植え付けられた英語への苦手意識を無くし」「可能な限り短く、日本人が既に知っている単語を使って、通じる英語を教えたい」。そんな思いから私はカタカナを音読するだけでネイティブのように聞こえる「カタカナ英会話ジェッタのJETTA式カタカナ接客英語」(以下、コミュセルで記載)を開発した。来日中に外国人観光客がもっとも出会うだろうサービス業従事者が自信をもって、楽しくコミュニケーションをとることができれば、日本での滞在はもっと満足感の高いものになるはずだ。

 

これからお教えするコミュセルを学ぶにあたり必ず守って頂きたい“順番”がある。先ほどもお話した①表情、②ジェスチャー、③言語である。日本人は英語で会話を始めると緊張のあまり「英語を喋ること」が目的になってしまい、「意思の疎通を図る」というそもそもの意味を見失いがちだ。日本語と英語がミックスしてしまっても全く構わない(むしろその方が言葉に感情が籠って良い)。表情とジェスチャーを交えることでより伝わるコミュニケーションが生まれる。

 

本日は総論として、ここまでにしておき明日は実例に入っていきたいと思います。以上